Monthly Archives: 7月 2011

レンタルサーバからメール送信した際にgmailで受信しない

レンタルサーバ稼動で、PHPからmb_send_mailするプログラムというのは定番かと思うけど まれにgmailに対し送信した際に受信してくれない場合がある。 実際に体験したケースとしては、さくらレンタルサーバのスタンダードプランやVPSを利用していて、サイト上のPHPからメール送信 ⇒Yahooメールには届くけれども、gmailには届いてくれない。 といったケース。 迷惑メールに分類される分にはまだいいんだけれども、gmail側が一切受信をしてくれないケースもある。 おそらく、サーバに同居している別ユーザがスパム送信などを行って(もしくは乗っ取られてスパムプログラムが動作して)gmailに大量にメールを送信しており gmail側から「このサーバはスパムなのでメール受信しない」と判定されてしまっているのだと思う。 Yahooメールなど、他のwebメールに比べgmailはこの辺はかなり厳しい印象。 こうなってしまったら基本的には、こちら側はどうする事もできない。 とはいえ、ユーザ会員登録などでメール内に登録キー付きURLを仕込むような仕組みのサイトの場合、かなり致命的な問題となってしまう。 安プランなどで運営している場合は、サーバを移設してIPを変えてやるのが最も手っ取り早い対処となる。 もしくは経験上、数日から数十日ほど放置していると、突然なおったりもする。 段階としては、迷惑送信が停止してから数日から数十日のスパンで ・メール受信自体を拒否が解除 ・迷惑メールに分類される事が解除 ・通常メールに分類される といったプロセスで状況が改善されていくらしい。 この辺はgmailのアルゴリズムによる所。 安プランのサーバは手軽な分、変な業者が同居している可能性も高まるので なかなか判断も難しい所。 予算がある&確実なメール送信を求められているのならメール送信サービスなどを利用するのが間違いなさそう。 でもけっこう高いんだよなぁ・・

SVNでディレクトリを完全削除【Windows】

ローカルWindows環境でsvnを使っているんだけど、間違って1G近いファイルをsvnにコミットしてしまった。 で、単純にdeleteするだけでは履歴が残ったままで何の解決にもならないので、完全にディスク上から削除する方法をメモ。 まずDOS窓から以下のようなコマンドを打つ。 svnadmin dump 【svnディレクトリ】 | svndumpfilter exclude 【消したいsvnパス】 > 【適当なファイル名】 【svnディレクトリ】には、c:\svnなどのディレクトリ名。 【消したいsvnパス】には、/missproject といったようにsvn上のパス 【適当なファイル名】は何でも良い。c:\dumpとでもしておく。 すると、【適当なファイル名】にdumpファイル(バックアップファイル)が出力される。 このファイル内には【消したいsvnパス】で指定したパスに該当するファイル達は既に除外されている。 次に【svnディレクトリ】をディレクトリごと削除、もしくはディレクトリ名を適当な名前に変更する。 で、最後に新しくsvnディレクトリをcreateし、dumpファイルをインポートさせればOK svnadmin create 【svnディレクトリ】 svnadmin load 【svnディレクトリ】 < c:\dump 要はリポジトリを作り直すって事ね。 ちょっと面倒くさい。

Facebookのiframeページでスクロールを非表示に

なかなかうまくいかなくて、ようやく間違いのなさそうなやり方に至ったのでメモ。 まずはcssでbodyに対して「スクロール出すなよ!?絶対出すなよ!?」と書きます。 body { overflow-x: hidden; overflow-y: hidden; } 次に、以下のスクリプトをbodyタグ開始の直後に記述します。 細かくはよくわかりません。深く考えない事が大切です。 <script type=”text/javascript” src=”http://connect.facebook.net/en_US/all.js”></script> <div id=”fb-root”></div> <script> $(function(){ var pageHeight = $(document).height(); FB.Canvas.setSize({ height: pageHeight }); FB.init({ appId : ‘【開発者ページで入手できるアプリID】’, status : true, // check login status cookie : true, // enable cookies xfbml : true, // parse XFBML logging : true }); FB.Canvas.setAutoResize(); }) [...]

管理人運営サイト
<技術情報サイト:PGBox>
PGBOX